PC を起動したままにする: Windows がスリープ モードに入るのを停止する方法

私たちの多くは毎日かなりの時間をコンピューターの前で過ごしており、コンピューターのパフォーマンスを最適化することが最優先事項となっています。 Microsoft さまざまな機能を提供します Windows これについては、以下で説明します。

特にオフィスなどの共有作業環境では、Windows コンピューターを使用していないときに保護することが重要です。 完全にシャットダウンする代わりに、休止状態または一時停止して不正アクセスを防ぐこともできます。 ただし、計画的な自動停止は時々不便になることがあります。

Windowsの起動ボタン

重要な点は、コンピューターをサスペンドまたはスリープ モードにしたくない状況があるということです。 たとえば、大きなファイルをダウンロードする場合や、コンピュータから離れた後に Windows 資格情報を繰り返し入力することを避ける場合などです。 この記事では、これらの問題に効果的に対処する方法について説明します。

本質的には、Windows ベースのコンピューターを起動した状態に保ち、自動的にスリープ モードに入らないようにすることを目的としています。 この目標を達成するためのいくつかの簡単な方法について説明します。

方法 1: Windows 設定を使用する

  1. Win + Iを押して設定アプリケーションを開きます。
  2. 「システム」セクションに移動します。
  3. 「エネルギーとバッテリー」をクリックし、「画面とスリープ」セクションを展開します。
  4. 「バッテリー電源で、後でデバイスをスリープ状態にします」で「しない」を選択します。

方法 2: カスタム エネルギー プランを作成する

  1. タスクバーの検索ボックスに「電源プランの選択」と入力します。
  2. 現在の電源プランを選択し、「プラン設定の変更」をクリックします。
  3. 「詳細設定の変更」で「一時停止」エントリを見つけます。
  4. 「次の期間に一時停止する」で「しない」を選択します。

方法 3: PowerToys を使用する

Microsoft は、PowerToys と呼ばれる一連の無料ツールを提供しており、次のサイトからダウンロードできます。 こちらをクリックすると、ツールが開きます。。 これらのツールの XNUMX つは、Windows のサスペンドを防ぐために特別に設計されています。

  1. PowerToys をダウンロードしてインストールします。
  2. PowerToys 内の「Awake」機能を有効にして、Windows がスリープ モードに入るのを防ぎます。

これらの方法に従うことで、Windows コンピューターが必要なときにアクティブな状態を維持し、中断なく使用できるようになります。