WiFi HaLow: 家庭における IoT 接続の未来

無線技術の分野では、 無線LAN HaLow は、特に拡大を続けるモノのインターネット (IoT) において、ゲームチェンジャーとして際立っています (IoT)私たちの家では。 WiFi 6 やデュアルバンド WiFi などのよく知られた用語は私たちの日常用語の一部ですが、WiFi HaLow は、IoT への接続方法を再構築する新しい概念です。 WiFi HaLow が特別な理由と、よりスマートなコネクテッド ホームの有力な選択肢となっている理由を詳しく見てみましょう。

WiFi HaLow について: 低電力、長距離 WiFi

ハロー WiFi

WiFi HaLow は、IEEE 802.11ah 標準のマーケティング名であり、WiFi テクノロジーの大きな変化を表しています。これは、低速、低消費電力でありながら、従来の WiFi の長距離バージョンです。このテクノロジーは、センサー、ウェアラブル デバイス、スマート ビルディング、さらにはスマート シティ アプリケーションなどの IoT 導入に特に有望です。

IoT 向け WiFi HaLow の主な利点

  1. 範囲の拡大と貫通力の向上: 1 GHz 未満のライセンス免除周波数で動作する WiFi HaLow は、より長い信号範囲と優れた壁透過性を提供し、ホーム IoT ネットワークに最適です。その信号は 1 キロメートルを超える距離に到達し、広範囲のデバイスを接続します。
  2. 低消費電力: HaLow を使用するデバイスは最小限の帯域幅を消費するため、低電力無線が可能になり、バッテリー寿命が大幅に延長されます (場合によっては 5 年以上)。そのため、バッテリーを頻繁に交換せずに継続的に動作する必要があるデバイスに最適です。
  3. ネットワーク効率の向上: HaLow は、独自の専用帯域で低帯域幅のクライアントを処理することで、メイン WiFi ネットワークを軽減できます。これは、多数の IoT デバイスがある家庭で特に有益であり、高性能デバイスが干渉することなく必要な帯域幅にアクセスできるようになります。
  4. シンプルな接続性: 独自のコントローラーやハブを必要とする一部の IoT テクノロジーとは異なり、WiFi HaLow は既存のネットワークにシームレスに統合します。 HaLow アクセス ポイントを従来の LAN に接続するだけで、IoT デバイスはインターネットに接続できるようになります。