写真をアップロードする前にやるべきこと

オンラインでデータを共有する場合、潜在的な問題を避けるためにプライバシーを優先することが重要です。 一般的な慣行の XNUMX つは、ソーシャル メディア プラットフォームで写真を共有するときに個人情報をぼかすことです。 購入後に銀行カードの詳細をぼかしたり、コンサートのチケットや航空券の個人情報を隠したりするときに、これをよく目撃します。 しかし、これは本当に確実な解決策なのでしょうか? この記事では、問題を防ぐために注意すべき点と、この種のコンテンツを安全にアップロードする方法について説明します。

画像データをぼかすことは実行可能なオプションのように思えるかもしれませんが、常に確実であるとは限りません。 ソーシャルメディア上で、誰かがはっきりと見たくないものを隠そうとする状況に遭遇したことがあるかもしれません。 これには、目に見える ID 番号、住所、その他の機密データを含む文書が含まれる可能性があります。 残念ながら、このアプローチでは依然としてプライバシーのリスクが生じる可能性があります。

写真のプライバシー

データが不鮮明な写真をアップロードしないでください

写真のデータをぼかしたり削除したりすることのみに依存する場合の問題は、今日の高度な技術環境では、それがもはや信頼できる解決策ではないことです。 機械学習ツールの発展により、画像内の不明瞭な情報やピクセル化された情報を解読することが比較的簡単になりました。 これらのツールは、意図的にぼかした顔を識別できるアルゴリズムを利用しており、有名大学のセキュリティ研究者が実証したように、71% の確率を達成し、複数回試行すると 83% の精度に達することもあります。

さらに、この技術は顔の識別だけに限定されません。 また、隠されたカード番号や同様の情報を明らかにするために使用することもできます。 したがって、ぼかし技術だけでは、文書、図、機密データなどの機密情報へのアクセスを効果的に防止できない可能性があります。

わずかにぼやけた画像でも個人を特定できる情報が明らかになり、悪意のある攻撃者が公開されたデータを悪用しやすくなり、個人に問題を引き起こす可能性があることに注意することが重要です。 したがって、追加のセキュリティ対策を講じずにぼかし技術のみに依存すると、プライバシーが危険にさらされる可能性があります。

コンテンツを安全にアップロードする方法

このタイプのコンテンツを安全にアップロードし、潜在的な問題を回避するには、次の手順を実行することをお勧めします。

1. 機密情報を完全に覆う: データを単にぼかすのではなく、完全に覆うことが最善です。 写真編集アプリケーションを使用して、漏洩を防ぎたい情報の上に正方形または長方形を貼り付けます。 これにより、コンテンツが完全に隠蔽され、機械学習ツールやその他のソフトウェアによって解読できないことが保証されます。

2. 編集した画像を保存します。必要な情報を覆うか切り取ったら、画像を保存します。 そうすることで、隠蔽されたコンテンツが解読されるリスクを排除できます。 ソフトウェアを通じて解読できるぼかしとは異なり、完全にカバーされているため、露出の可能性が低くなります。

要約すると、徹底的に保護されたコンテンツをインターネット上にアップロードすることが重要です。 ぼかしなどの方法を使用してもコンテンツが解読される可能性があるため、この方法に依存しないでください。 リスクを最小限に抑え、潜在的な問題を防ぐために、完全な補償を選択してください。 ソーシャル メディア アカウントが乗っ取られるリスクがあるのと同様に、アップロードするコンテンツも危険にさらされる可能性があります。 機密情報を保護するために積極的な措置を講じることが重要です。