Windows 11 の最新アップデートを使用して PC で QR コードを直接スキャンする

QR コードは私たちのデジタル ライフの構造に組み込まれており、簡単なスキャンで Web サイト、アプリ、サービスに素早くアクセスできるようになります。しかし、コンピュータ画面に表示された QR コードをスキャンするプロセスは従来、スマートフォンでコードをキャプチャし、必要に応じて URL をコンピュータに転送する必要があり、煩雑でした。

Microsoft は、の新機能でこの非効率性に正面から取り組みました。 Windows 11 では、QR コード機能をオペレーティング システム内に直接シームレスに統合することが約束されています。

qrウィンドウ11

Windows 11 QR コード リーダーの紹介

Windows 11 ユーザーは、スクリーンショットをキャプチャするための定番ツールである Snipping Tool がアップグレードされ、QR コード リーダーが組み込まれたことを喜ぶことができます。この追加は、ユーザーの生産性の向上とデジタルタスクの簡素化を目的とした一連の改善の一環です。これまで、Snipping Tool は画像内のテキストを認識できるように機能強化されていましたが、最新のアップデートではこの機能に基づいて、ツールがスクリーンショットから QR コードを直接読み取ることができるようになりました。

使い方

新しい QR コード読み取り機能を利用するには、ユーザーは Snipping Tool を使用して QR コードを含むスクリーンショットを撮るだけです。その後、ツールは QR コンテンツを自動的に認識してデコードします。結果として得られるデータは、URL であってもその他の情報であっても、クリップボードにコピーしてすぐに使用したり、後で参照できるように保存したりできます。これにより、コンピュータ画面に表示された QR コードから情報にアクセスするプロセスが合理化され、スマートフォンでの中間手順が不要になります。

Snipping Tool の追加の機能強化

QR コードの読み取り以外にも、Snipping Tool は機能を強化するためにいくつかのアップデートを受けています。

  • 絵文字の統合: ユーザーはスクリーンショットに絵文字を追加できるようになり、画像の特定の部分に注釈を付けたり強調したりする楽しく効果的な方法が提供されます。
  • HDRサポート: HDR 対応ディスプレイをお使いの場合、このツールには色を自動的に調整するオプションが含まれており、これらのハイ ダイナミック レンジ スクリーンで撮影されたスクリーンショットの品質が向上します。

これらの改善は、Windows 11 を個人とプロの両方で使用できる、より直観的で強力なプラットフォームにするための Microsoft の広範な取り組みの一環です。

大きな画像

Microsoft による Windows 11 への QR コード リーダーの統合は、オペレーティング システム内でのユーザー インタラクションを強化するという大きな傾向を反映しています。 Microsoft は、より直観的なツールを Windows に直接追加することで、ユーザー エクスペリエンスを豊かにするだけでなく、ワークフローを合理化し、生産性を向上させる可能性があります。

これらの機能がすべての Windows 11 ユーザーに完全に展開されるのを待つ間、技術コミュニティは期待で盛り上がっています。これらのアップデートは、最先端を維持するという Microsoft の取り組みを示しています。 エッジ OSのユーティリティと使いやすさを追求し、将来的にはさらなる革新的な機能が期待できます。