ホーム ネットワークの最適化: スイッチ、ハブ、スプリッターについて

現代の世界では、スマートフォンからスマート冷蔵庫に至るまで、家にあるすべてのガジェットが安定したインターネット接続に接続されている必要があります。したがって、ルーターの接続を共有する方法を知る必要があります。もちろん、ワイヤレスのオプションもありますが、最も高速で信頼性が高いとは言えません。

これらはそれぞれ、ネットワーク設定において独自の目的を果たし、ニーズに応じてさまざまな種類の利点を提供します。ここで、ネットワーク スイッチ、ハブ、スプリッターなどが登場します。

スイッチハブスプリッター

ネットワークスイッチとは何ですか?

ネットワーク スイッチは、コンピュータ、プリンタなどの多数のツールを 1 つのネットワークに接続してローカル エリア ネットワーク (LAN) を構築することを目的とした最新のデバイスです。

より単純なブロードキャスト アプローチでは、スイッチは MAC アドレスを使用して 1 つのデバイスから別のデバイスにデータを送信し、データが意図した宛先にのみ到達するようにして、帯域幅とネットワーク パフォーマンスを節約します。

主なメリット: 目的のデバイスのみにデータを送信することで、帯域幅を効率的に使用します。

理想的な用途: 多数のデバイスが接続されている大規模なホーム ネットワークまたはビジネス環境。

ネットワークハブとは何ですか?

ネットワーク ハブは、スイッチほど洗練されていない機能を実行するだけです。これは、単一のネットワーク接続を受け取り、それを複数のデバイスに再配布する基本的な配信センターのようなものです。

ただし、受信データ パケットは 1 つのデバイスではなく、接続されているすべてのデバイスに転送されます。この無差別化により、セットアップと使用が容易になりますが、同時に、不必要なネットワーク トラフィックが発生し、パフォーマンスが低下する可能性があります。

主な利点: 使いやすく、基本的なネットワーク拡張を提供します。

理想的な用途: 高いパフォーマンスが重要ではない小規模ネットワーク。

ネットワークスプリッターとは何ですか?

「ネットワーク スプリッター」という用語は、その名の通りネットワーク信号を分割すると思われるため、その命名法において多少誤解を招きます。実際には、2 つのデバイスが 1 本のイーサネット ケーブルを別々に利用できるようになります。

これらは、2 本の別々のケーブルを配線することが不可能な場合に、ネットワーク接続の到達範囲を拡張するために使用されます。ただし、これにより接続が分割されるため、両方のデバイスが同時にネットワークにアクセスしようとすると、接続されたデバイスの速度が低下する可能性があります。

主な利点: 2 つのデバイスを 1 つのイーサネット コンセントに接続できるようになり、ケーブルの乱雑さが軽減されます。

理想的な使用法: 同時に高速インターネット アクセスを必要とせずに、2 台のデバイスを近接して接続します。

ではルーターはどうでしょうか?

最新のルーターは多機能です。 Wi-Fi 以外に有線接続用に複数のイーサネット ポートを備えたスイッチにすることもできます。したがって、この種の最新のルーターは、有線デバイスと無線デバイスを効果的に使用できるため、ホーム ネットワークのセットアップに非常に効果的です。

主な利点: 多機能で、内蔵スイッチ機能により有線接続と無線接続の両方をサポートします。

理想的な用途: ホーム ネットワークおよび小規模オフィス ネットワークのバックボーンとして、柔軟な接続オプションを提供します。

まとめ

したがって、ホーム ネットワークを構築または拡張する場合、スイッチ、ハブ、またはスプリッタ デバイスのどれを選択するかという難問は、実際のニーズに大きく依存します。これは、優れたルーターの強度と、必要に応じて、ワイヤレスの利便性と有線接続の安定性を提供するネットワーク スイッチを備えた現在の多くの家庭にとっては、十分な機能かもしれません。これらのデバイスの長所と短所を理解することで、ユーザーは組織の要件に合わせた効率的なネットワークを構築できるようになります。