iPad の Magic Keyboard を使用して Mac を制御する方法

Appleのユニバーサル コントロール機能により、ユーザーは自分の iPadの Magic Keyboard を使用して、 Mac または、Mac のキーボードを利用して iPad を管理します。 この強化された機能により、Apple デバイス間のシームレスな切り替えが可能になり、さまざまなタスクに柔軟性と利便性が提供されます。 会議中、プレゼンテーション中、または単に拡張キーボードを探している場合でも、ユニバーサル コントロールは多用途のソリューションを提供します。

MacのiPadキーボード

ユニバーサル コントロールのセットアップ:

開始する前に、両方のデバイスが同じ Wi-Fi ネットワークに接続されていることを確認してください。この接続はユニバーサル コントロールが機能するために不可欠です。 セットアッププロセスは簡単です。

  1. あなたのMacで: システム環境設定を開き、「システム設定」に移動し、「ディスプレイ」、「詳細」の順に選択します。
  2. 「Mac または iPad へのリンク」セクション: すべてのオプションが選択されていることを確認します。
  3. 画面ウィンドウ内: iPad を含む Mac に接続されている画面が表示されます。 iPad の画面イメージをタップすると、「次のように使用」オプションが表示されます。 その後、キーボードとマウスを Mac など、使用している他のデバイスにリンクすることを選択できます。

ユニバーサルコントロール

ユニバーサル コントロールで iPad キーボードを使用する:

ユニバーサル コントロールを設定すると、iPad のキーボードを Mac のキーボードであるかのように使用し始め、両方のデバイスをシームレスに切り替えることができます。 この機能により、複数のデバイスにわたるマルチタスクとブラウジングが強化され、ユーザー エクスペリエンスが向上します。

キーボードショートカット:

ユニバーサル コントロールはキーボード ショートカットをサポートしており、Mac と iPad で特定のアクションを交互に実行できるようになります。 以下にいくつかの実際的な例を示します。

  • Cmd+C および Cmd+V: コピーアンドペースト。
  • Cmd+T: 新しいブラウザタブを開きます。
  • コマンド + スペース: Spotlight をアクティブにして、ファイルやアプリをすばやく見つけます。
  • コマンド-W: アクティブなウィンドウを閉じます。

これらのキーボード ショートカットを活用すると、Mac での作業時のワークフローが強化され、効率が向上します。

OSのキーボードショートカット

iPad キーボードでユニバーサル コントロールを使用する利点:

  1. 強化されたプレゼンテーション: iPad のキーボードを利用して Mac 上のプレゼンテーションを制御できるため、Mac がプロジェクターや大画面に接続されている間、講演中に自由に移動したり、プレゼンテーションの制御を維持したりできます。
  2. 生産性の向上: ユニバーサル コントロールは、複数の Apple デバイスを一緒に使用する際のワークフローを合理化します。 XNUMX つのキーボードとマウスを使用してデバイスをすばやく切り替えます。 たとえば、iPad を勉強に使用している場合、文書編集や特定のタスクのために Mac に簡単に切り替えることができ、生産性が向上します。
  3. 用途の広い使用法: 状況に応じて、Mac で iPad キーボードを使用すると有利なシナリオが数多くあります。 Universal Control は、近年 Apple エコシステムに追加された最も価値のあるものの XNUMX つです。

結論:

ユニバーサル コントロールは、Apple エコシステムを強化する注目すべき機能で、ユーザーがデバイス間をシームレスに切り替えたり、iPad のキーボードを使用して Mac を制御したりできるようにします。 この機能はワークフローを合理化するだけでなく、ユーザー エクスペリエンスも向上します。 ユニバーサル コントロールを設定し、キーボード ショートカットの使用を採用することで、Apple ユーザーはより多用途で効率的なコンピューティング エクスペリエンスを楽しむことができます。