最適なウェブカメラの選び方: 主なヒントと推奨事項

したがって、コンピュータを購入する前に、コンピュータの動作に不可欠で、お金を費やす価値のある最適なコンポーネントを探す必要があります。 Webカメラなどの周辺機器についても同様です。 、これを乗り越えるために、ウェブカメラを購入する際に考慮すべき点、つまりニーズに合った適切なカメラを入手する際に考慮すべきことについての読みやすいガイドをここに示します。

ウェブカメラ

ウェブカメラの使用例

Web カメラは通常、次の目的で使用されます。Web カメラは通常、次の目的で使用されます。

日常使用: 音声通話は、一般的なコミュニケーションだけでなく、ビデオ通話や会議としても機能します。

ストリーミング: 特定の特性を持つだけでなく、サービスの品質に対する要求が高まることを意味するため、視聴者全体に対する従来のコミュニケーションとは異なります。

考慮すべき主な仕様

Web カメラを選択するときは、次の仕様を考慮してください。Web カメラを選択するときは、次の仕様を考慮してください。

1. したがって、これは、解像度とフレーム レートがビデオの重要な属性であり、XNUMX 地点間のビデオ ストリームの送信と受信を大幅に向上させることを明確に示しています。

解像度: 現在、フル HD または 1080p が登場しています。 720p 解像度のモデルを選択しないでください。同様の価格でより優れた代替品を探す必要があります。

フレームレート: ウェブカメラがストリーミングするために必要なビデオの品質として、少なくとも 30 FPS を提供していることを確認してください。ストリーミングに関しては、1080p、30 FPS から快適に始めることができます。

2. 絞り値は、レンズ開口部または絞りとも呼ばれ、光がカメラに入り、フィルムと相互作用するレンズの開口部を指します。

絞りはレンズ内にありますが、その動作はズーム能力と同じではなく、カメラ本体にあるホイールまたはカメラ上部にあるカメラ制御機構によって移動します。絞り:係数で表されます。 f/(値) より小さい値は、より良い画像を生成するためにセンサーがより多くの光を捉えることを意味します。一般的な値は f/2 とは異なる場合があります。 0とf/2。 8.

視野 (FoV): 通常、65 ° ~ 90 °。 FoV が大きくなると、背景を含む可能性のあるより広い領域から情報が収集されますが、背景のアクティビティが多すぎる場合には役に立たない可能性があります。

3. 統合されたマイク

通常、Web カメラにはマイクが内蔵されていますが、ほとんどが背景音を拾うものであり、標準レベルが低いです。可聴品質を向上させるために、別のデバイスまたはマイク内蔵のヘッドフォンを使用することができます。

4. オートフォーカス

オブジェクトを移動したり、クローズアップして表示したりするときに、画像を鮮明に保つために非常に重要です。ストリーミングの場合、ぼやけた画像を記録しないように、オートフォーカスを備えた Web カメラを最優先することが特に重要です。

その他機能

1. 取り付けシステム

すべての Web カメラはモニター スタンドに接続できますが、カメラのさまざまな位置が提供されるため、三脚構成にも互換性があることが保証されています。

2. 統合された照明

独自の光源を備えたウェブカメラがあります。通常、低照度のセットアップには適していますが、リング ライトなどの専用照明の方がストリーミングではより良い結果が得られます。

3. 調整ソフト

より優れた Web カメラには通常、ズーム、背景切り替え、エフェクト、その他の調整のためのアプリケーションが含まれており、より詳細な制御が可能です。

4. レンズの開閉

レンズカバーは不要な録画を防ぎ、プライバシーを守ります。セキュリティを考慮して以下の機能を追加する必要があると思います。

推奨されるウェブカメラ

さまざまなニーズと予算に対応するウェブカメラのセレクションを以下に示します。さまざまなニーズと予算に対応するウェブカメラのセレクションを以下に示します。

1. ティロを信頼する

解像度: 定義: 1080p は、HD テレビまたはフリーダムに使用される高解像度ビデオとして定義されます。 定義: 1920 * 1080 ピクセルの高品質ビデオ解像度、フレーム レート 30 フレーム/秒。

特徴: オートフォーカス、64 度の視野、内蔵モノラルマイク、デュアルモード取り付け – モニターと三脚。

価格: 19ユーロ。 95 – 19 ユーロ。 99

最適な用途: これは、基本的なビデオ通話と、エントリー レベルのストリーミングと呼ばれるものに限定されます。

2. AVerMedia は技術デバイスの世界的なメーカーであり、その Live Streamer CAM 313 は卓越性の完璧な例です。

解像度:1920×1080/30

特徴:デュアルマイク、レンズカバーを備え、OBSと互換性のある固定焦点レンズ。

価格: 39ユーロ。 90 – 58 ユーロ。 21

最適な用途: 通話とストリーミングビデオの品質が向上

3. Razer Kiyo Pro

解像度:フルHD、60FPS、HDR互換性

機能: オートフォーカス、状況に適応する光センサー、103 つの視野 (90 度、80 度、XNUMX 度) 全指向性ステレオ マイク

価格: 106ユーロ。 00 – 152 ユーロ。 00

最適な用途: 耐久性と優れた画質を備えたプロフェッショナルなストリーミング

4. Elgato Facecam は、高品質の画像とビデオをキャプチャできるコンパクトな小型デザインを備えたプロフェッショナルなウェブカメラです。

解像度: 1080p で 60 フレーム/秒で記録されます

特徴:f/2。 4 絞り、FoV 82°、カスタマイズ用のソフトウェアが多数あり、三脚に取り付け可能

価格: 129ユーロ。 00 – 130 ユーロ。 00

こんな方に最適: プロフェッショナルな品質は、ストリーマーのユーザーが問題なく使用できる機能です。

5. 私に関しては、どのウェブカメラが欲しいかがわかりました。Logicool Brio ウェブカメラ 4K UltraHD です。

解像度: 4K (フレーム レート: 30)、1080p (フレーム レート: 60)

機能: 90 度から 78 度、65 度までの範囲、5 倍デジタル ズーム、RightLight 3 内蔵、ハイ ダイナミック レンジ、サポートを受ける、デュアル マイク

価格: プレミアム価格

のためのベスト: ビデオ 優れた機能を備えた通話とストリーミング

まとめ

適切な Web カメラを決定するには、状況に応じてピクセル数、リフレッシュ レート、フォーカス、周辺機器の間のトレードオフを実行する必要があります。カジュアルなビデオ通話やストリーミングを行うかどうかに関係なく、次のガイドは正しい決定を下し、適切な Web カメラを選択するのに役立ちます。