CD と DVD は時代遅れですか?現代のテクノロジーにおける彼らの役割を探る

クラウド ストレージと大容量ドライブの時代において、CD や DVD などの光学メディアは過去の遺物のように思えます。しかし、これらの形式は存続しており、驚くほど回復力があり、今でも特定の目的で使用されています。

CD と DVD の不朽の魅力、現代のコンピューティングにおけるそれらの機能、そしてそれらがデジタル世界で依然として価値を保持しているかどうかを探ってみましょう。

CDリーダー

CDとDVDの永続的な魅力

最近、家の掃除をしているときに、古い外付け DVD レコーダーと、空の CD と録画済みの CD と DVD のスタックを見つけました。これらのディスクには、古いオペレーティング システムのバージョンと、20 年以上前の PC ゲームや映画のバックアップが含まれていました。古いものであり、理想的とは言えない保管状態にもかかわらず、これらのディスクの多くはまだ機能しており、忘れていたデータを復元することができました。

この発見をきっかけに、私は再びこれらの光ディスクを実験し、現代の環境での光ディスクの使用を再考するようになりました。私が見つけたものは次のとおりです。

今日の光メディアの実用化

1. ストレージは限られていますが、特定のニーズに役立ちます

  • CD はわずか 700 MB のストレージを提供しますが、DVD は約 4.7 GB のストレージを提供します。これらの容量は、大きなファイルや最新のメディアには不十分ですが、小規模なデータ セットには役立ちます。たとえば、CD はカー ステレオ用にオリジナルの音楽をバックアップするのに便利で、ニッチではありますが実用的です。

2. 3-2-1 ルールに従ったバックアップ ソリューション

  • DVD は容量が限られていますが、包括的なバックアップ戦略の一部として使用できます。 3-2-1 バックアップ ルール (データの合計 XNUMX つのコピー (XNUMX つは異なるストレージ形式に、XNUMX つはオフサイトに保存)) には、XNUMX 次バックアップ メディアとして DVD を含めることができます。

3. ソフトウェアのインストールとレトロゲーム

  • DVD は、コンピューターをフォーマットしたり、レトロ ゲームのコレクションを保管したりするためのインストール ファイルを保存するのに依然として役立ちますが、どちらも必ずしも大量のスペースを必要とするわけではありません。

光メディアレコーダーの存続可能性

驚くべきことに、これらのディスクを書き込むために必要なソフトウェアはまだ入手可能であり、次のような最新のシステムでも機能します。 Windows 11. Nero Burning ROM、Alcohol 120%、ImgBurn などのプログラムは、現在でも CD や DVD を書き込むための堅牢なソリューションを提供しています。

私が CD や DVD から遠ざかろうとしている理由

CD や DVD はその用途にもかかわらず、時代遅れになりつつあるのが現実です。このテクノロジーは、デジタル ストレージ ソリューションの急速な進歩に追いついていません。古いディスクのデータを 16 TB の外付けハード ドライブとクラウドにバックアップした後、私にとって光学メディアを使用する実用性は低下しました。

私は、手の届かないところに置いておきたい個人データを暗号化して保存するために、DVD を使い続けることにしました。これは、データの暗号化と物理的な制御が可能であるため、光メディアの独特の利点です。

結論: 懐かしいけど限界がある

CD や DVD などの光学メディアは懐かしさを呼び起こし、特定のシナリオ、特に小規模なバックアップやデータ プライバシーが懸念される場合には依然として役立ちます。しかし、現在利用可能な優れたテクノロジーの選択肢に直面して、その関連性は薄れてきています。