知っておくべきキッチンをスマートにするメリットとデメリット

私たちは日常的に多くのホームオートメーションデバイスを使用できます。 たとえば、スマート電球、あらゆる種類のセンサー、リモートで制御できるスマート デバイスなど…これらすべてをキッチンに適用することもできます。 では、それの良い点と悪い点は何ですか? この記事では、 キッチンを自動化するメリットとデメリット. それが非常に興味深いものであり、ますます存在していることがわかりますが、それほど肯定的ではない要因も考慮に入れる必要があります.

スマートキッチンのメリット

キッチンをスマートに

ホームオートメーションキッチンの最初の利点は、 より大きなコントロール 電化製品の上。 家にいなくても、いつオンまたはオフにするかをプログラムできます。 たとえば、スマート オーブンをお持ちの場合は、携帯電話から電源を入れて、家に帰って準備ができたら予熱を開始できます。

もう XNUMX つの明らかな利点は、 エネルギーを節約する . スマート デバイスを使用することは、それらがより効率的であり、利用可能なリソースをより有効に活用できることを意味します。また、消費電力が少なくなるようにプログラムを構成できることも意味します。 制御を強化することで、電気代も削減できます。

また、肯定的な点として、彼らが より良く働く . これは、さまざまな状況に適応するためです。 つまり、たとえば食器洗い機は、食器の数や種類に応じて調整できます。 常に同じように機能するとは限らないため、より良い結果を得ることができます。

また、 時間を節約する . キッチンの電化製品で実行する特定のタスクを自動化できます。 たとえば、食器洗い用タブレットがなくなったときに通知してくれるものもあるので、いつ購入する必要があるかを心配する必要はありません。

フリゴリフィコ インテリヘンテ

ホームオートメーションキッチンのマイナス点

しかし、論理的にすべてが肯定的であるとは限りません。 ホームオートメーションキッチンを持つことの最も明白な欠点のXNUMXつは、 価格 . 私たちは投資をしなければなりません。 古い電化製品がある場合、キッチンを完全に交換すると、かなりの初期費用がかかります。 もちろん、私たちは快適さを得ることができますし、長期的にはエネルギーを節約することもできます.

もうXNUMXつの欠点は テクノロジーは絶えず変化しています . これは、たとえばスマート冷蔵庫を購入し、1 年か 2 年で多額の投資を行った後、私たちが持っているものを超える新しいテクノロジーをリリースし、私たちのものが時代遅れになることを意味します。

また、 互換性の問題 . 一部のデバイスは、リンクできる特定のデバイスでより閉じられるため、互換性の面で問題が発生する可能性があります. ホームオートメーションの管理に使用するアプリケーションとリンクする場合も同様です。

もうXNUMXつのマイナス点は、 学習が必要 . 一般的に、使い方を理解すれば簡単に使用できるデバイスですが、高齢者など、これらのデバイスに慣れていない人にとっては、習得に時間がかかる場合があります。

要するに、ご覧のとおり、ホームオートメーションキッチンを持つことには長所と短所があります。 しかし、それは私たちの家で少しずつ目にするようになり、私たちを見つけることがより一般的になるでしょう.